ふたえ切開法

 ふたえの手術と言えば埋没法と切開法が有名です。切開することに抵抗のある方も多いと思いますが、どちらの方法も一長一短ありますので、目的に合った方法を選ぶことが大切です。

ご希望のふたえのラインを想定し、そこを切開します。必要に応じて皮膚や脂肪を除去することもあります。

ふたえのラインができやすいように皮下組織を除去し、皮膚の一部を固定して縫合します。

手術時間は2時間程度です。麻酔がかかるまでの時間や出血の程度などにより多少異なります。手術後の腫れや内出血を軽減するため、厚めにガーゼを当てて終了です。翌日に傷の確認を行い、経過が順調であれば5~7日目に抜糸を行います。

手術後の腫れや内出血の程度、期間は個人差があり、手術前に判断しにくい問題ですが、大きな腫れや内出血は10日前後の方が多いと思います。

切開法の長所 

  • 切開線が消えにくい(外れにくい)
  • 余分な皮膚や脂肪を除去できる
  • 埋没法よりもふたえの形をコントロールしやすい(平行型や末広型など)

切開法の短所 

  • 表面に傷ができる
  • 抜糸など通院が必要
  • ダウンタイムがやや長い


人それぞれ皮膚の状態は異なります。皮膚や皮下組織が厚く埋没法ではなかなかラインができにくい人、埋没法を行ったがすぐに外れる人、いつ外れるか、と心配したくない人、...etc

具体的な方針は、実際にカウンセリングで拝見して検討するのが良いと思います。
どうぞお気軽にお問い合わせください。