ボトックス・ビスタ

表情筋の動きで出来るシワを抑制します。
日本国内仕様が認可されたアラガン社のボトックスビスタだけを使用しています。

「ボトックス・ビスタ」とは?

 美容医療に詳しくなくてもボトックスとヒアルロン酸という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。 

ボトックスとヒアルロン酸の違いを大雑把に表現すると、 

・ボトックス・・・動きを止める 

・ヒアルロン酸 ・・・ふくらませる 

ということになります。 

眉間の縦シワや目じりの笑いシワのような表情シワは、筋肉が動いて収縮することで現れます。ボトックスは筋肉の収縮を少なくして表情によるシワを目立たなくします。 

表情にかかわらずできているシワ、つまり動きに関係なくても存在するシワに対してはヒアルロン酸で谷間を持ち上げてシワを目立たなくします。 

文章で書くと簡単そうに思えますが、現実にはそれぞれ長所短所があります。 

効果の持続は使用する量や体質によって差がありますが、3~4か月です。
よく、一度始めたらずっと続けないといけない、といわれるのですが、美容室でカットやカラーリングも同じように効果を維持しようとすれば続ける必要があります。 

また、シワは表情を繰り返すうちに折り目がしっかりついてしまうようなものですが、そうなると簡単には消えにくくなります。しっかり折り目が付く前に、定期的に折り目の部分を休ませることでアンチエイジングとしてしわが深くなることを遠ざけることができます。 

ボトックスの長所      

アンチエイジングの手始めに。
加齢として気になり始めるポイントととして多いのはシミとシワだと思いますがなかなか美容医療までは一歩踏み出せない、という方は多いのではないでしょうか?ボトックスは持続が3~4か月で消失します。これは短所とも言えますが長所でもあります。お試し感覚でやってみて、万一気に入らなくても時間が経てば元に戻りますし、小さな面積から始めれば費用もヒアルロン酸に比べわずかで済みます。
その他の長所として、応用の広さがあると思います。
動きによるシワを止めるだけでなく、エラの部分の筋肉に注入することで筋肉のボリュームを抑えます。
また、ワキなどに注射すると汗の分泌を少なくすることもできます。

ボトックスの短所 

副作用は使用方法を守って使用すればほとんどありませんが、ボトックスは筋肉の動きを止める作用がありますので宙美優する部位が限られます。
ボトックスを注射すると目が重くなったとか表情が無くなった、目つきが悪くなったという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは注入する部位と量に原因があります。注入前に筋肉の動きを確認して行えば回避できることです。
また、口の周りなどは表情を作ったり食べたりしゃべったり、楽器を演奏する方など動きが止まると機能上の問題が生じる可能性がありますので、注入部位は慎重に考慮する必要があります。

効果には個人差がありますので、初回は少量から開始して反応を見ながら必要であれば増量すれば不快な思いをすることはありません。内出血は血管の位置や出血しやすさにより生じることはありますが、これは注射を用いる施術全てにおいて共通です。


術前のカウンセリングが重要です。

  筋肉に作用する薬ですので筋肉に関連のある疾患をお持ちの方、アレルギー体質の方はあらかじめご相談ください。
一口にシワと言っても様々なタイプがあります。また、年齢によっても変化してきます。
ボトックスとヒアルロン酸、それぞれの特徴をよく考えて選ぶことが、満足につながることになります。手術前のカウンセリングで、慎重に検討しましょう。